メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者のこだわり

10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

居酒屋などが軒を連ねるJR新橋駅前の繁華街。事件はその一角で起きた=2018年11月30日、東京都港区新橋で中川聡子撮影

 検察の求刑があった11月28日午前11時すぎ、東京地裁813号法廷。閉廷後、被告の男に被害者の叔母が駆け寄り、叫んだ。「生きて返してよっ」。刑務官に腰縄を引かれた男は、目もくれずに扉の向こうに消えた。東京・新橋のキャバクラ店で昨年夏、当時2歳の長女を育てながら働いていた19歳の少女が、店の関係者に暴行され死亡する事件があった。毎日新聞が事件を詳報すると反響を呼び、少女への同情と中傷が交錯した。あれから約1年半。動物病院の看護師を目指していたというシングルマザーはなぜこんな目に遭ったのか。事件の全公判を傍聴した。【中川聡子/統合デジタル取材センター、稲田佳代/生活報道部】

この記事は有料記事です。

残り6484文字(全文6773文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「最下位おかしい」魅力度ランキングで栃木県 11月知事選の争点に

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 学術会議は問題あるが…それでも小林節氏が首相を糾弾する理由

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  5. バイデン氏にリード許すトランプ氏に勝ち目がある理由とは 負けても粘る「蜃気楼」宣言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです