メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

若松孝二とその時代

(14)俳優・柄本佑インタビュー 17歳、留年覚悟で現場へ

 若松プロの新作「止められるか、俺たちを」は全国で好評公開中だが、1日から東京・テアトル新宿では早くも再上映が始まった。これも観客から熱い支持を受けた証しだ。

 「アンダーグラウンドのカリスマ」と呼ばれた若松孝二の快進撃は「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)」(2007年)以降と見られがちだが、その先駆けとなった作品がある。連載企画「若松孝二とその時代」第14回は、若松監督にとってもターニングポイントとなった「17歳の風景 少年は何を見たのか」(05年)に主演した柄本佑さんのインタビューをお届けしたい。00年に岡山県で起きた17歳の少年による母親殺しの事件に触発された若松監督が、実母殺害後ひたすら自転車を北へ走らせたという少年の内面に着目。彼が何を見て感じていたのかを追体験するように撮り上げた「入魂の映像詩」である。

 「撮りたいものを撮る--」。撮影前に肺がんの大手術を受けた若松監督が「遺作にするつもりだ」と語った通り、「映画は自由だ」という若松イズムが濃厚に映し出されている。今をときめく俳優は「17歳の自分に強烈に刺さった」と振り返った。【鈴木隆】

この記事は有料記事です。

残り5046文字(全文5531文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  2. 「最下位おかしい」魅力度ランキングで栃木県 11月知事選の争点に

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  5. バイデン氏にリード許すトランプ氏に勝ち目がある理由とは 負けても粘る「蜃気楼」宣言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです