メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

らっこ・アーティスト

岡林信康 わからないから面白い

 「初めてレコードが出たとき、山谷の友だちに聴かせようと、プレーヤーがないから喫茶店でかけてもらった。すると、途中で、止められたね。こんな下品な歌はかけられませんと」。1968年、岡林信康、22歳。日雇い労働者が集まる町で、彼らの悲哀をつづった。それが「山谷ブルース」、彼のデビュー曲だ。以降、フォークの神様と呼ばれ、はっぴいえんどと組んでロックの先鞭(せんべん)をつけ、人気絶頂期に世間から身を隠す。そうやって、波乱の人生を送り、ある世代にとっては、岡林信康という名は、いまも特別だ。しかも、どんな動きにも属さず、どんな流行にもなびかず、我が道を歩み続けて、50年がたつ。

 「50年を目指して歌ってたんなら長かった、やっとたどり着いたと感じただろうけど、そんなことを思って…

この記事は有料記事です。

残り751文字(全文1088文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 出所不明の香港の「シラスウナギ」 日本に6トン
  2. ORICON NEWS タモリ、平成最後のフジ生特番で総合司会 新元号の瞬間も立ち会う
  3. 「強そうで憧れる」 球児のユニホームは「細身」志向 流行から必須条件に
  4. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  5. 米子東の選手がベンチ入りせず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです