メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

らっこ・アーティスト

岡林信康 わからないから面白い

 「初めてレコードが出たとき、山谷の友だちに聴かせようと、プレーヤーがないから喫茶店でかけてもらった。すると、途中で、止められたね。こんな下品な歌はかけられませんと」。1968年、岡林信康、22歳。日雇い労働者が集まる町で、彼らの悲哀をつづった。それが「山谷ブルース」、彼のデビュー曲だ。以降、フォークの神様と呼ばれ、はっぴいえんどと組んでロックの先鞭(せんべん)をつけ、人気絶頂期に世間から身を隠す。そうやって、波乱の人生を送り、ある世代にとっては、岡林信康という名は、いまも特別だ。しかも、どんな動きにも属さず、どんな流行にもなびかず、我が道を歩み続けて、50年がたつ。

 「50年を目指して歌ってたんなら長かった、やっとたどり着いたと感じただろうけど、そんなことを思ってないから、長いとも短いとも思わない。ただ、これほど自己満足の極致みたいな生き方をしてきたのに、いまもライブができて、奇跡のような気がするね」

この記事は有料記事です。

残り681文字(全文1088文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  5. 大阪のコロナ感染、新たに142人 クラスター相次ぎ増加か 8月中旬並みの多さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです