メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊テレビ評

溝端淳平、岡田将生、佐藤健 時代劇で光る「平成元年」=ペリー荻野

 まもなく平成も終わろうという今、時代劇では平成元(1989)年生まれの俳優が活躍している。

 その一人がBSプレミアムで放送中の「立花登青春手控え3」の溝端淳平だ。牢(ろう)医師として働く登(溝端)が、したたかな囚人たちに振り回されながらも、さまざまな事件を解決していく。今シリーズでも登は人をだましたり、殺したりする凶悪犯にも得意の柔術で立ち向かう。

 2016年にシリーズが始まった頃、溝端は初時代劇だったこともあり、ちょっと頼りない感じだったが、そ…

この記事は有料記事です。

残り820文字(全文1046文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 早見あかり、婚姻届を提出 お相手は30代前半の会社員の男性、7月に婚約会見
  2. 元「歌のお兄さん」に有罪判決 覚醒剤使用 東京地裁 
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 逮捕前のゴーン前会長、西川社長の更迭計画 米紙報道
  5. 元駐日仏大使「国際社会で日本が信頼失う事態に」 ゴーン前会長逮捕に強い不快感

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです