メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊テレビ評

溝端淳平、岡田将生、佐藤健 時代劇で光る「平成元年」=ペリー荻野

 まもなく平成も終わろうという今、時代劇では平成元(1989)年生まれの俳優が活躍している。

 その一人がBSプレミアムで放送中の「立花登青春手控え3」の溝端淳平だ。牢(ろう)医師として働く登(溝端)が、したたかな囚人たちに振り回されながらも、さまざまな事件を解決していく。今シリーズでも登は人をだましたり、殺したりする凶悪犯にも得意の柔術で立ち向かう。

 2016年にシリーズが始まった頃、溝端は初時代劇だったこともあり、ちょっと頼りない感じだったが、そ…

この記事は有料記事です。

残り820文字(全文1046文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  3. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  4. イチロー、華麗な守備は健在
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです