メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画

「斬、」仙台で公開中 「人斬れない侍」現代の戦争重ね 塚本晋也監督、池松壮亮さんインタビュー /宮城

 映画「鉄男」「野火」などで知られる塚本晋也監督が、山形県の庄内地方で全シーンを撮影した時代劇映画「斬(ざん)、」が仙台市青葉区の「フォーラム仙台」で公開中だ。自身も作品に出演している塚本監督と、刀で人を斬ることに葛藤する主人公の侍を演じた池松壮亮(そうすけ)さんに話を聞いた。

 全編が、山形県鶴岡市にある撮影所「スタジオセディック庄内オープンセット」の農村エリアや、羽黒山などで撮影された。塚本監督は「美しい自然を撮りたかった。庄内の山には時代劇にふさわしい太い木があったり、神々しさが宿っていた」と振り返る。池松さんも「木や空の見え方も計算して作られたスタジオで、東京近郊では見…

この記事は有料記事です。

残り438文字(全文729文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 早見あかり、婚姻届を提出 お相手は30代前半の会社員の男性、7月に婚約会見
  2. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  3. 逮捕前のゴーン前会長、西川社長の更迭計画 米紙報道
  4. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  5. ORICON NEWS ZOZO前澤社長「お騒がせ」な一年に平謝り 剛力彩芽と交際、月周回計画など

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです