メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画

「斬、」仙台で公開中 「人斬れない侍」現代の戦争重ね 塚本晋也監督、池松壮亮さんインタビュー /宮城

 映画「鉄男」「野火」などで知られる塚本晋也監督が、山形県の庄内地方で全シーンを撮影した時代劇映画「斬(ざん)、」が仙台市青葉区の「フォーラム仙台」で公開中だ。自身も作品に出演している塚本監督と、刀で人を斬ることに葛藤する主人公の侍を演じた池松壮亮(そうすけ)さんに話を聞いた。

 全編が、山形県鶴岡市にある撮影所「スタジオセディック庄内オープンセット」の農村エリアや、羽黒山などで撮影された。塚本監督は「美しい自然を撮りたかった。庄内の山には時代劇にふさわしい太い木があったり、神々しさが宿っていた」と振り返る。池松さんも「木や空の見え方も計算して作られたスタジオで、東京近郊では見…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  3. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  4. イチロー、華麗な守備は健在
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです