メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

傷痕は消えない

満州と山形 第3部・開拓のルーツを訪ねて/11 石原莞爾の墓所 「民族協和」夢想に終わる /山形

「最終戦争論は自惚れだった」

 遊佐町北部の国道7号沿いに、元陸軍中将、石原莞爾(1889~1949年)の墓所がある。黒沢明監督の映画「七人の侍」のラストシーンに出てくる、戦闘で倒れた侍の遺体に土を盛った「土まんじゅう」と呼ばれる墓に似ている。中央の石柱には「南無妙法蓮華経」と彫られていた。

 現在の鶴岡市に生まれた石原は、満州事変の首謀者として歴史に名を残す一方、日中戦争の拡大に反対し、戦後は永久平和を表明。「昭和の怪物」などと称されて歴史的な評価は分かれるが、墓所を案内してくれた石原莞爾顕彰会の歌川博男さん(74)は「遺志を継いだ元参院議員の武田邦太郎さんは、『石原さんの言動は一貫していた』と言っていました」と説明する。

 石原は、満蒙(まんもう)開拓団を旧満州(現中国東北部)で受け入れる上で大きな役割を果たした。満州開…

この記事は有料記事です。

残り783文字(全文1147文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです