メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 「原子力施設周辺住民、トリチウム影響ない」 政府小委で専門家強調 /福島

 福島第1原発の汚染水を多核種除去設備(ALPS)で浄化した後の水の処分方法を検討する政府小委員会は30日、ALPSでも除去できない放射性物質トリチウムが人体に与える影響などを議論した。専門家は、トリチウムを排出している原子力施設周辺では影響は出ていないと強調した。

 8月に開いた公聴会では、海洋放出などによってトリチウムを環境に放出した際の健康影響を懸念する意見が相次いだ。

 この日の会合では、小委メンバーの田内広茨城大教授(放射線生物学)がトリチウムが生物の体内で濃縮され…

この記事は有料記事です。

残り325文字(全文563文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです