メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

防犯カメラ

松本市庁舎内に来月設置 市民団体が中止要望 /長野

 松本市は、市民窓口での犯罪防止のため、庁舎内の生活保護、納税、障害福祉など7課の前に、防犯カメラを来年1月に設置すると決めた。これに対し市民団体が30日、「市民のプライバシー権が侵害され、生活保護申請の自粛につながる」と、設置中止を求める要望書を市に提出した。

 市契約管財課によると、現在、庁舎出入り口に侵入盗難防止の監視カメラが3台あるが、新たに7課の通路の天井に防犯カメラを設置して受付カウンター付近を撮影する。…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文523文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. アイスダンス転向の高橋 まさかのミス「これが試合」 フィギュアNHK杯

  4. 収入減世帯の無利子融資 4割が延長 感染拡大で困窮、再延長求める声も

  5. 高橋大輔3位 アイスダンス転向後初の公式戦 フィギュアスケートNHK杯

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです