メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
=木葉健二撮影

 僕が大学生だった頃、「なぜ人を殺してはならないのか」という問いが社会を騒がせたことがあった。1997年の神戸児童殺傷事件の後、少年たちによる模倣犯罪が続いた社会状況だった。

 「ダメなものはダメ」だが、問いそのものが善悪の前提に立っておらず、極論すれば「なぜ人類は滅んだら駄目なのか」の問いになった。頭ですぐ思いつく反論をしても「ではなぜそれでは駄目なのか」と永遠に続く種類のもの。宗教の概念が薄く、神という絶対的なものを持たない国で「なぜ悪であってはならないのか」の問いが生まれたともいえる。「死刑になりたかった」など本人が犯罪後の死を望む場合、死刑の抑止も効かない。当時哲学者たちなどの言論人が答えようとし、少数だったが作家たちも答えようとした。

 僕はそれらの答えにあまり満足できず(大変参考にはなった)、作家になってから、物語につながりはない隠…

この記事は有料記事です。

残り1366文字(全文1741文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  2. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  3. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  4. 衝突した車運転の男をひき逃げ容疑などで逮捕 栃木・鹿沼炎上事故2人死亡

  5. 「期待に応えられなかった」青島氏 与党テコ入れ利かず 埼玉知事選

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです