メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

=木葉健二撮影

 僕が大学生だった頃、「なぜ人を殺してはならないのか」という問いが社会を騒がせたことがあった。1997年の神戸児童殺傷事件の後、少年たちによる模倣犯罪が続いた社会状況だった。

 「ダメなものはダメ」だが、問いそのものが善悪の前提に立っておらず、極論すれば「なぜ人類は滅んだら駄目なのか」の問いになった。頭ですぐ思いつく反論をしても「ではなぜそれでは駄目なのか」と永遠に続く種類のもの。宗教の概念が薄く、神という絶対的なものを持たない国で「なぜ悪であってはならないのか」の問いが生まれたともいえる。「死刑になりたかった」など本人が犯罪後の死を望む場合、死刑の抑止も効かない。当時哲学者たちなどの言論人が答えようとし、少数だったが作家たちも答えようとした。

 僕はそれらの答えにあまり満足できず(大変参考にはなった)、作家になってから、物語につながりはない隠…

この記事は有料記事です。

残り1366文字(全文1741文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  2. 行政ファイル 金沢の飲食店で食中毒 /石川

  3. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  4. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  5. なるか埼玉の新名物 蕨市の「わらび餅」 完成まで2年、こだわりの新食感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです