丹海バス

宮津6路線撤退へ 運転手不足、今後は市直営に /京都

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 高齢化で路線バスの運転手不足が深刻な丹後海陸交通が、宮津市から委託を受けて運行していた山間部・海岸部の6路線から今年度末で撤退する意向を示した。市は6路線を直営とする方針で、通学用のマイクロバスなどを購入して代替交通の方法を検討している。

 同社によると、大型2種免許を持つ運転手は現在62人で6割が50、60代。2年間で12人減った。…

この記事は有料記事です。

残り253文字(全文421文字)

あわせて読みたい

注目の特集