メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

丹波コミュニティカレッジ

いつでも学び適齢期 来春篠山に開校 廃校舎で「人・文化の交流を」 /兵庫

協定書を手にする丹波コミュニティカレッジの西村源学長(左)と星槎大学の井上一学長=兵庫県篠山市中の市立旧大芋小学校で、丸井康充撮影

 「学びたいと思ったときが学びの適齢期」を合言葉に、廃校となった小学校を活用して通信制大学のカリキュラムが履修できる「丹波コミュニティカレッジ」が来年4月、篠山市内に開校する。場所や時間にとらわれずに1科目からでも学べ、ユニークな取り組みのモデルケースとして地元からの期待も高まっている。学長を務める篠山市出身の西村源さん(37)は「人や文化の交流で篠山に楽しい学びの場を創造したい」と意気込みを語った。【丸井康充】

 同カレッジは、通信制大学「星槎(せいさ)大学」(神奈川県、井上一学長)と連携し、入校した生徒は星槎…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 広陵が2回戦進出 河野が3安打完封で八戸学院光星降す
  4. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  5. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです