メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水俣病訴訟

進行協議に環境省職員出席 「当事者でない」原告抗議 /宮崎

 水俣病被害者互助会の会員7人が熊本、鹿児島両県に対し水俣病の患者認定を求めた訴訟の口頭弁論が30日、熊本地裁(遠藤浩太郎裁判長)であり、会員側は「非公開の進行協議に訴訟当事者ではない環境省職員が出席していた」として地裁や同省、両県に対し抗議・要望書を提出した。

 進行協議は裁判官や原告、被告、双方の代理人弁護士が非公開で今後の進行などを話し…

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文429文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・吉村知事のうがい薬使用呼びかけに苦情殺到 府に1日で450件

  2. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  3. 川崎の駐車場で露出 公然わいせつ容疑で港区議逮捕 否認「右手で隠していた」

  4. 原爆投下75年 世界のメディアは何を伝えているのか

  5. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです