メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スルガ銀

不正融資問題 117人処分 改善計画、金融庁に提出 主導の元役員、懲戒解雇

 スルガ銀行(静岡県沼津市)は30日、シェアハウスを巡る不正融資問題を受けた業務改善計画を金融庁に提出した。外部弁護士の登用による法令順守の新組織の設置や、不正に関与した役職員117人の処分などを盛り込んだ。これとは別に、不正を主導した麻生治雄元専務執行役員を懲戒解雇処分にしたことも明らかにした。

 スルガ銀は改善計画で「不祥事の根本原因である『創業家本位』の企業風土を抜本的に改める」と宣言。外部の弁護士と有国三知男社長ら計4人による「コンプライアンス(法令順守)体制再構築委員会」を11月27日付で発足させたと公表した。改善計画の進捗(しんちょく)状況を監督するほか、行員や顧客からの通報や苦情を集約する。法令順守の実務を担う部門も大幅に拡充する。

 さらに「不正の温床になった」とみて、過剰なノルマを全廃し、審査や監査部門の権限を強化して営業へのけ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 読売新聞記者がセクハラ 懲戒処分へ
  3. 人口動態統計 10~14歳死因、自殺最多 17年100人、動機不明が突出
  4. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  5. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです