メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時の在りか

北方領土なんて知らない=伊藤智永

日ソ国交回復交渉のためモスクワ空港に到着した(左から)鳩山一郎首相、若宮小太郎首相秘書官、1人挟んで河野一郎農相と出迎えのソ連・ブルガーニン首相=1956年10月12日(私家版「若宮小太郎二つの日記」より)

 北方領土交渉は長年、複雑な経緯をたどってきたが、2島返還での合意をめざす今の状況が生まれたのは2012年、プーチン露大統領と安倍晋三首相が、くしくも共に2度目の政権へ返り咲いたのがきっかけだった。

 仕切り直しに際し、プーチン氏が領土問題解決の意思を明かした印象的な場面がある。同年3月、再選確実な大統領選の3日前、モスクワでプーチン氏との代表記者会見に日本から唯一臨んだ当時朝日新聞主筆の若宮啓文氏が、歴史に残る名セリフを引き出した。

 「領土問題は勝つことを目指すより負けないことが大事だ。ヒキワケがよい。私が大統領に復帰したら、日露…

この記事は有料記事です。

残り1692文字(全文1960文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ピラミッド違法登頂が動画投稿で発覚 デンマーク人カップル裸で抱き合う姿も 
  2. 逮捕前のゴーン前会長、西川社長の更迭計画 米紙報道
  3. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  4. 「拘置所でXmas」再逮捕ゴーン前会長の勾留状況に仏メディア批判的
  5. NASAの探査機が太陽圏外に 1977年に打ち上げ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです