メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

社会的生産単位を支える草刈りロボット=資源・食糧問題研究所代表 柴田明夫

 高齢の農業者がリタイアを決心する主な理由は、鳥獣被害に加え田んぼの草刈りだといわれる。「田んぼの見回りはつえを突いても行けるが、草刈りはそうはいかない」。先日、農林水産省・農業農村振興整備部会で島根県の現地調査に参加し、出雲市佐田町の中山間地農業を訪れた際、印象に残った言葉だ。

 「未来サポートさだ」は八つの集落営農組織が連携し、地域農業の活性化を目的に6年前に設立された会社だ。高齢化、後継者不足という問題に対し、そばや大豆などの生産、野菜の集出荷に加えて、草刈りなどの受託を行っている。なかでも「後方支援」と「耕作放棄防止」を兼ねた「耕放支援隊」は、計90ヘクタールに及ぶ分…

この記事は有料記事です。

残り435文字(全文725文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今度は煉獄さん? 鬼滅の刃の引用で「弱き人助ける覚悟」問われた首相 衆院予算委

  2. 「無給医」巡り日本医科大に労基署が是正勧告 他の病院に影響も

  3. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  4. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  5. 衆院広島3区自民候補はなぜ決まらないのか 二階氏がある「範囲」で聞く地元の意向

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです