メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京都知事選 小池氏の再選確実
横田基地訴訟

騒音、国に賠償命令 飛行差し止め認めず 地裁立川支部

「差し止め認めず」と書かれた垂れ幕を掲げる原告側関係者=東京地裁立川支部前で2018年11月30日、黒川将光撮影

 米軍横田基地(東京都福生市など)の周辺住民144人が、国に米軍機と自衛隊機の夜間・早朝の飛行差し止めや騒音被害への損害賠償を求めた「第9次横田基地公害訴訟」の判決で、東京地裁立川支部(見米正裁判長)は30日、過去に受けた騒音被害を認め、総額9567万円の支払いを命じた。飛行差し止めと将来分の賠償請求は退けた。原告は控訴する方針。【山本有紀、黒川将光】

 判決は周辺住民が1976年以降、騒音被害を訴えて繰り返し提訴してきたことを踏まえ、「抜本的な被害防止策を講じず、漫然と放置している」と国を批判。違法性を認めた。

この記事は有料記事です。

残り541文字(全文799文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ休校で10代の妊娠相談急増 性教育の機会なく、バイト中止で避妊具買えず

  2. 世界の感染、1日で過去最多21万人増 米、ブラジルで拡大 新型コロナ

  3. 長崎大生が新型コロナ感染 大学病院実習中に発熱 長崎県内18人目

  4. ORICON NEWS 浜崎あゆみ、ドラマ『M』最終回で初コメント「最低で最高で、大嫌いで大好きでした」

  5. コロナ封じ込めに成功したはずの韓国で感染拡大する理由 自粛解除と防疫、両立の難しさ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです