メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

警察庁

飲酒後に電動車いす「禁止」 「少量でも判断誤らす」 障害者「法令上は歩行者 差別」 安全の手引、記載めぐり対立

 警察庁が飲酒後に電動車いすを利用しないよう安全の手引で呼び掛けていることに対し、障害者団体が「差別に当たる」と記述の削除を求めている。電動車いすは道路交通法上、「歩行者」として扱われるためだ。30日の衆院厚生労働委員会でも「社会的障壁になりかねない」と指摘されたが、警察庁は事故が起きていることを踏まえ、応じない考え。専門家は「警察庁は根拠となる明確なデータを示すべきだ」と話す。

 手引は2002年度に作成。電動車いすには高齢者が使うシニアカーも含まれ、普及に伴って交通事故が増えたため、有識者の意見や事故事例を基にまとめた。「飲酒等して利用することは絶対にやめましょう」と呼び掛けている。

この記事は有料記事です。

残り575文字(全文871文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センバツ21世紀枠候補・知内 過疎の町の宝が掲げる「全員が脇役、全員が主役」

  2. センバツ21世紀枠 候補校紹介/1 知内(北海道) 「聖地」再訪へ、打撃強化

  3. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  4. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

  5. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです