メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー

J1 残留に四つどもえ ACL出場圏も混戦に

 J1は1日、今季最終節を迎える。川崎の2連覇、長崎、柏のJ2降格は決まったが、J2との入れ替え戦に回る16位を巡る攻防と、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)出場圏内の3位以上を狙う戦いが最後まで接戦となっている。

 残留争いは実質的に13位の磐田(勝ち点41)、14位湘南(40)、15位鳥栖(40)、16位名古屋(40)の4チーム。現行の18チーム制になった2005年以降、16位が勝ち点40を上回るのは初めて。

 名古屋-湘南は“直接対決”。4チームとも勝てば無条件で残留だが、他会場の動きもにらみながらの展開と…

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文669文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性宅に約40回電話も 元埼玉県議をストーカー規制法違反容疑で逮捕

  2. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  3. センバツ「21世紀枠」推薦校、46校出そろう 12月13日に候補校発表

  4. 女優の木内みどりさん死去、69歳 バラエティー番組でも活躍

  5. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです