スポーツ議連PT

不祥事対策 国が競技団体「監視」提言 円卓会議通じ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「スポーツ政策推進に関する円卓会議」(仮称)の仕組み
「スポーツ政策推進に関する円卓会議」(仮称)の仕組み

 超党派のスポーツ議員連盟プロジェクトチーム(PT)が30日、国が運営して競技団体を監視する「スポーツ政策推進に関する円卓会議」(仮称)の新設を盛り込んだ提言をまとめた。不祥事の再発防止のため、国が競技団体の運営に一定の関与ができる仕組みで、スポーツ界にとっては新制度で健全性を示せるかが問われる。【松本晃】

 スポーツ庁は競技団体が守るべき「ガバナンスコード」を作成する。提言では日本スポーツ協会(JSPO)や日本オリンピック委員会(JOC)などの統括団体がコードに適合しているかなど競技団体が加盟要件を満たしているか審査する。従来通りの団体間の序列構造を維持することで、自立を訴えたスポーツ界に配慮した。

この記事は有料記事です。

残り541文字(全文844文字)

あわせて読みたい

注目の特集