メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

外交

安倍首相が習主席と会談 米との貿易摩擦改善を促す

安倍晋三首相=佐々木順一撮影

 【ブエノスアイレス光田宗義】安倍晋三首相は30日午後(日本時間1日未明)、中国の習近平国家主席とアルゼンチンの首都ブエノスアイレスで約35分間、会談した。米国と中国の貿易摩擦の激化について、首相は「誰の利益にもならないことは明らかだ」と述べ、1日の米中首脳会談で改善に向かうことに期待を示した。

 首相は、主要20カ国・地域(G20)首脳会議の議論に米中が建設的な役割を果たすよう促し、「問題の根本的な解決のためには、知的財産権の保護や企業への補助金問題などで中国が具体的な措置を講じることが重要だ」と指摘した。

 また、「首脳同士の間断のない往来を通じ、政治、経済、文化などあらゆる分野での交流、協力を一層発展させたい」と述べ、習氏に来年の訪日を改めて要請。習氏は具体的な時期は明言しなかったものの、「先般の安倍首相の訪中で、日中関係には新たなモメンタム(勢い)が生まれた。首相とともに関係発展のために政治的指導力を発揮したい」と応じた。

 両首脳は「東シナ海の安定なくして、日中関係の真の安定はない」との見解で一致。朝鮮半島の完全な非核化に向け連携することを確認した。

 首相は、中国が新潟県産米の輸入停止措置を解除したことを歓迎し、さらなる規制緩和を求めた。習氏は「科学的根拠に基づき適切に対応したい」と述べた。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仕事の現場 声優 野沢雅子さん 業界の先駆者 地位改善運動も
  2. コトバ解説 「海老」と「蝦」の違い
  3. WEB CARTOP ここまで課税するか! 多すぎる自動車関連の税金種類とその用途とは
  4. 東山動植物園 逃亡のニシキヘビ、成長して戻る
  5. ORICON NEWS misonoの夫・Nosukeが闘病公表「精巣がんによる胚細胞腫瘍」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです