メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歴史

明治天皇金箔像 郷土史研究家宅で発見

山地重広さん宅で見つかった明治天皇像=山梨県富士吉田市で

 山梨県富士吉田市の郷土史研究家、山地重広さん(65)宅で、高さ約10センチの明治天皇像が見つかった。約50年前、新倉山浅間公園(富士吉田市)の明治天皇像の建立を祝って製作されたとみられる。山地さんは「明治維新150年の年に像が見つかったのも何かの縁。維新の功業を考えるきっかけにしたい」と話している。

     見つかった明治天皇像は金箔(きんぱく)の立像でサーベルを手にしている。

     同公園内にある碑文によると、昭和天皇と同じ1901(明治34)年に生まれた人らでつくる「九星会」という団体が71年、富士山が眺望できる同公園に明治天皇像を建てた。山地さんの祖父も建立に関わっていたことから、その際に金箔の明治天皇像が記念品などとして配られた可能性があるという。山地さんは見つかった像について「明治天皇が近代国家を造ったことを記念しようと製作したのではないか」と推測している。【小田切敏雄】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
    2. 世界の雑記帳 中国男性が自撮り中に高層ビルから転落死、国営紙は相次ぎ警鐘
    3. 悪ふざけ投稿 尻にポンプ車ホース…ツイートの消防士処分
    4. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
    5. ピラミッド違法登頂が動画投稿で発覚 デンマーク人カップル裸で抱き合う姿も 

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです