メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歴史

明治天皇金箔像 郷土史研究家宅で発見

山地重広さん宅で見つかった明治天皇像=山梨県富士吉田市で

 山梨県富士吉田市の郷土史研究家、山地重広さん(65)宅で、高さ約10センチの明治天皇像が見つかった。約50年前、新倉山浅間公園(富士吉田市)の明治天皇像の建立を祝って製作されたとみられる。山地さんは「明治維新150年の年に像が見つかったのも何かの縁。維新の功業を考えるきっかけにしたい」と話している。

 見つかった明治天皇像は金箔(きんぱく)の立像でサーベルを手にしている。

この記事は有料記事です。

残り203文字(全文390文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  2. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

  3. 終わらない氷河期~疲弊する現場で 「どれくらい子どもたちと話していないだろう」 51歳個人配送業男性のため息

  4. 相模原市の40代病院職員が感染 死亡した女性を看護 外来診療休診

  5. 大規模イベント開催は「主催者の判断」 菅官房長官会見詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです