メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歴史

明治天皇金箔像 郷土史研究家宅で発見

山地重広さん宅で見つかった明治天皇像=山梨県富士吉田市で

 山梨県富士吉田市の郷土史研究家、山地重広さん(65)宅で、高さ約10センチの明治天皇像が見つかった。約50年前、新倉山浅間公園(富士吉田市)の明治天皇像の建立を祝って製作されたとみられる。山地さんは「明治維新150年の年に像が見つかったのも何かの縁。維新の功業を考えるきっかけにしたい」と話している。

 見つかった明治天皇像は金箔(きんぱく)の立像でサーベルを手にしている。

この記事は有料記事です。

残り203文字(全文390文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 西野七瀬、初舞台に緊張しきり「ストレッチからガチガチ…」

  2. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  3. 駿河湾に1メートル超の深海魚 「ヨコヅナイワシ」と命名 海洋機構ら研究チーム

  4. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

  5. 名古屋市消防局が救急搬送の2人、心肺停止に ベッド満床で受け入れ先見つからず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです