メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
メキシコ

新政権、米政権と不法移民対策の違い鮮明に

鉄条網が張り巡らされた米メキシコ国境で、米国側の警備当局者を見つめるホンジュラスからの移民=メキシコ北西部ティフアナで25日、AP

 【サンパウロ山本太一】12月1日に発足するメキシコ新政権とトランプ米政権で米国に流入する不法移民対策の違いが鮮明になっている。手厚い貧困層支援で移民解消を目指すメキシコ史上初の左派政権に対し、米政権は国境の水際対策を重視。新政権は冷え込む両国関係改善を模索してきたが、難しいかじ取りを迫られる。

 「政権の主要目標は中米の開発計画に米国を関与させることだ」。メキシコのエブラルド次期外相は27日の記者会見でホンジュラス、エルサルバドル、グアテマラの3カ国など中米諸国へ200億ドル(約2兆2700億円)を援助するよう米国に提案した。3カ国は、米国国境のメキシコ北西部に集まる移民集団「キャラバン」参加者の主要出身国。エブラルド氏は雇用創出や治安対策の支出を…

この記事は有料記事です。

残り494文字(全文822文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  2. サンデー毎日発 全国240大学・実就職率ランキング 学生の将来にも責任を持つ就職支援力が高い大学は?

  3. 福島・広野産の「奇跡のバナナ」初収穫 9月下旬から売り出し

  4. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  5. 全日空機で揺れ 乗客1人骨折 乗務員ら3人けが 15日の羽田発北京行き

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです