メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縁起物

「亥」にちなんだ江戸凧作りが最盛期

来年のえと「亥」にちなんだイノシシが描かれた和紙が並ぶ工房で、江戸凧制作を行う土岐幹男さん=千葉県長生村の凧工房ときで、手塚耕一郎撮影

 新年の縁起物「江戸凧(だこ)」作りが千葉県長生村の「凧工房とき」で最盛期を迎え、制作歴40年以上の土岐幹男さん(68)が来年のえと「亥(い)」にちなんだイノシシをあしらった凧の仕上げ作業に追われている。

 江戸時代から受け継がれてきた長方形の角凧で、上部に細く裂いた籐(とう)「うなり」が取り付けられ…

この記事は有料記事です。

残り54文字(全文204文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  2. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  3. 特集ワイド 新たな政界再編必要、真紀子節炸裂 私は「引退する」とは言ってない

  4. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  5. 「事故起こし怖く…」ひき逃げ容疑で28歳会社員逮捕 3カ月乳児死亡 兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです