中国「ゲノム編集出産」

日本の学会からも強い非難

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

日本医師会と日本医学会など

 中国の研究者がゲノム編集技術でヒトの受精卵の遺伝子を改変し、双子を出産させたと主張している問題で30日、日本医師会と日本医学会が共同で声明を出すなど、倫理面や安全面から厳しい意見が相次いで発表された。

 両団体の声明は、誕生の真偽は不明としつつ「人の尊厳を無視し生命を軽視す…

この記事は有料記事です。

残り212文字(全文362文字)

あわせて読みたい

ニュース特集