メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国「ゲノム編集出産」

日本の学会からも強い非難

日本医師会と日本医学会など

 中国の研究者がゲノム編集技術でヒトの受精卵の遺伝子を改変し、双子を出産させたと主張している問題で30日、日本医師会と日本医学会が共同で声明を出すなど、倫理面や安全面から厳しい意見が相次いで発表された。

 両団体の声明は、誕生の真偽は不明としつつ「人の尊厳を無視し生命を軽視する行為。国際的な倫理規範からも常軌を逸している」と指摘。「社会的な安寧を踏みにじるもの。二度と同様な行為が行われないように」と研究者や医療関係者に求めた。

 日本ゲノム編集学会も「事実であれば倫理規範上大きな問題で、国際的な指針に違反した行為」との声明を発表。日本遺伝子細胞治療学会も、世代を超えてゲノム編集の影響が続く可能性を懸念。十分な議論と法整備もないままで「(出産は)許容されるべきでない」と批判した。【荒木涼子】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
  2. 危険生物 徳島の磯で猛毒ダコ捕獲 注意呼びかけ
  3. ソウシハギ 猛毒の魚、販売した可能性 三重・大台の食品店
  4. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など
  5. バラハタ 他にもいる危険な魚 「珍しい」で食べないで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです