メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャバクラ暴行死

傷害致死の経営者に懲役11年6月判決

事件が起きたキャバクラ店が入居していたビル。店は事件後すぐに退去したという=2018年11月30日、東京都港区新橋で中川聡子撮影

東京地裁「暴行の内容はかなり悪質性が高い」

 東京都港区新橋のキャバクラ店で昨年7月、従業員の与島稜菜(りょうな)さん(当時19歳)が顔を踏みつけられるなどの暴行を受け死亡した事件の裁判員裁判で、傷害致死罪に問われた店の経営者、伊藤英治郎被告(32)に、東京地裁(家令=かれい=和典裁判長)は30日、懲役11年6月(求刑・同12年)を言い渡した。

 判決によると伊藤被告は昨年7月4日夜、店で与島さんを殴り、顔を靴で複数回踏みつけるなどの暴行を加え…

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文509文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕

  2. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  3. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  4. 神戸・須磨の建設会社で発砲か ガラス戸に穴

  5. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです