メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外宮迫さんら処分撤回 吉本興業社長が表明
スポーツ議員連盟

不祥事の再発防止で提言

 超党派のスポーツ議員連盟プロジェクトチーム(PT)が30日、国が運営して競技団体を監視する「スポーツ政策推進に関する円卓会議」(仮称)の新設を盛り込んだ提言をまとめた。不祥事の再発防止のため、国が競技団体の運営に一定の関与ができる仕組みで、スポーツ界にとっては新制度で健全性を示せるかが問われる。

 スポーツ庁は競技団体が守るべき「ガバナンスコード」を作成する。提言では日本スポーツ協会(JSPO)や日本オリンピック委員会(JOC)などの統括団体がコードに適合しているかなど競技団体が加盟要件を満たしているか審査する。従来通りの団体間の序列構造を維持することで、自立を訴えたスポーツ界に配慮した。

 そのうえで、スポーツ庁、JSPO、JOCなどが参加する円卓会議を新設。統括団体の審査の結果を検証し…

この記事は有料記事です。

残り497文字(全文845文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  2. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」
  3. エンタメノート 「吉本が悪い」果たして本当か 宮迫さん・亮さんの涙もう見たくない
  4. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
  5. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです