メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

家電

パナソニック 中国で培う稼ぐ力 内向き社風は変わったか

パナソニックが中国企業と開発したプレハブ住宅について説明する津賀一宏社長=東京都千代田区の東京国際フォーラムで2018年10月30日、宮本明登撮影

 中国中西部の古都・西安にも開発の波は押し寄せ、中心部には高層ビルが林立する。その谷間にある空き地に仮設されたプレハブ住宅を今夏、パナソニック社長の津賀一宏(62)が訪れた。現地企業2社と組み、約6000万人にも達する中国の建設作業員が工期の長い現場でも快適に過ごせるように開発した住宅で、パナソニックのエアコンや断熱材などを組み込んだ。津賀は「プレハブとは思えない静けさと断熱性。落ち着く」と満足げだった。

 「国境を超えて、さまざまなノウハウ、ネットワークを持つ企業と手を組む」。津賀は10月末の講演でこの…

この記事は有料記事です。

残り1693文字(全文1947文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  4. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  5. 韓国軍の竹島訓練に外務省抗議「あきれるほど無神経」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです