メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

目をそらさないで

「学びやの死角」編/1 人気の先生に「裏の顔」 教育理念なく教え子標的

イメージ写真(本文と関係ありません)=片山喜久哉撮影

 「早く教室行こうよ!」。休み時間が終わりに近づくと何人もの児童が職員室に駆けつけ、講師の男を囲んだ。彼の周りはいつも児童であふれ、ある校長は「これほど慕われる教員も珍しい」との印象を抱いたという。その裏で、複数の児童へのわいせつ行為が繰り返されていた。

 この元講師(31)は、愛知県知立市の小学校に勤務していた2016~17年、自校の低学年児男女5人にわいせつ行為をしたとして、計5回逮捕された。懲戒免職となり、今年4月に懲役4年の判決を受けた。埼玉県の小学校教諭時代に児童ポルノの愛好家から入手したとされる子どもの裸の画像をメールで送ったとして逮捕されたが、事件後に名前を変え、知立市で非正規の講師として採用されていた。

 どんな教員だったのか。裁判を傍聴した同僚記者によると、どこにでもいそうな若者に見えたという。事件の…

この記事は有料記事です。

残り1354文字(全文1716文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「偉業だ」「安穏としていられない」 各国メディア、日本の勝利絶賛 ラグビーW杯

  2. 台風19号で堤防決壊の千曲川 リンゴ畑は壊滅状態

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです