メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

目をそらさないで

「学びやの死角」編/2 事件「前兆」見逃され 教員「性善説」追及甘く

わいせつ行為に及ぶ教員が後を絶たない中、教育現場の在り方が問われている=片山喜久哉撮影

 学校で問題行為を繰り返す教員は他にもいる。2014年、愛知県豊田市立小学校の50代の男性教諭が、自分のクラスの女児(当時9歳)の下半身裸の姿を撮影。16年に強制わいせつ容疑で逮捕され、執行猶予付きの有罪判決を受けて懲戒免職となった。元教諭は12年にも勤務先の中学校で女子生徒の体を触るなど問題を起こしていた。

 14年の事件を受け、女児側は問題が繰り返されたのは市の教育委員会が児童への安全配慮を怠っていたため…

この記事は有料記事です。

残り1228文字(全文1433文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. Tポイント詐取容疑で逮捕 キャンペーンを悪用 9300万円相当を不正取得か 埼玉県警

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  4. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  5. 菅原経産相 新たに香典疑惑 「事実ならアウト」自民党内にも進退問う声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです