メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

目をそらさないで

「学びやの死角」編/5 再発防止へ研修重ね 教員悩む「距離感」

スクールセクハラ防止研修講座で教諭らを前に話す亀井代表(中央)=和歌山市で岡村恵子撮影

 「おひざに抱っこ」「二人きりになる」--。教諭たちが次々とふせんに書き込んだのは「どんなことがセクハラになるのか?」との問いへの答えだ。

 7月末、和歌山市で小中学校などの校長ら約80人を対象に開かれたスクールセクハラ防止研修講座を訪れた。講師は元中学教諭で、NPO「スクール・セクシュアル・ハラスメント防止全国ネットワーク」(大阪府守口市)代表の亀井明子さん(71)。亀井さんは「教師と生徒には圧倒的な力関係があり、そこから生まれるのが校内セクハラの実態。子どもは先生にノーと言えないということを知ってほしい」と訴えた。

 この組織は1998年の設立時から各地の学校などで研修を開いている。講座で亀井さんは子どもの接し方に…

この記事は有料記事です。

残り1001文字(全文1312文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  4. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  5. ラグビーW杯観戦後、酔って警備員の顔殴った容疑 電通新聞局長を逮捕 容疑を否認

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです