メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奥武蔵中学駅伝

女子・鶴ケ島A、圧勝V 男子は越生A、逃げ切る /埼玉

 第61回奥武蔵中学校駅伝競走大会(飯能市・市教委・市体育協会主催、毎日新聞社など後援)は1日、同市の阿須運動公園で県西部入間地区の男女計128チームが出場して開かれた。女子は鶴ケ島A(鶴ケ島市)が6年ぶり4回目、男子は越生A(越生町)が3年ぶり3回目の優勝を飾った。

 開会式で、加治A(飯能市)の石井颯真選手が「仲間を信じ、心を一つに正々堂々走り抜くことを誓います」と選手宣誓した。この後、男女とも今回から距離が変更された同公園周回コースの6区間14・4キロ(1区間2・4キロ)を競い合った。

 女子は33校59チームが出場。1、2区で3位につけた鶴ケ島Aは、3区・大鐘心美選手が区間賞の走りで…

この記事は有料記事です。

残り551文字(全文848文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 梅宮辰夫さん死去 やくざ映画に欠かせない存在 6回のがん手術

  2. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

  3. 俳優の梅宮辰夫さん死去 81歳 「仁義なき戦い」

  4. 桜を見る会 福岡市長、5年連続出席 招待理由は「把握せず」

  5. 「桜を見る会」で首相擁護 お膝元の下関市長に全国から批判続々

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです