メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パラクライミング

壁登る楽しさ、みんなで 世界選手権3連覇の小林さんと体験 舞鶴 /京都

小学生のナビゲートで壁を登る小林幸一郎さん(手前)=京都府舞鶴市小倉のフリーズケイブボルダリングジム舞鶴で、鈴木健太郎撮影

 障害者のクライミング競技「パラクライミング」世界選手権で3連覇した小林幸一郎さん(50)=東京都=と一緒にボルダリングを体験するイベントが1日、舞鶴市内であった。視覚障害者を含む府内外の28人が、自分の手足の力で壁を登る楽しさを実感していた。【鈴木健太郎】

ナビゲート受け、視覚障害者も挑戦

 クライミングの一種であるボルダリングは、ホールドと呼ばれる突起物のある高さ3~5メートルの壁をロープ無しで登るスポーツ。2020年東京五輪の正式種目にも選ばれた。

 小林さんは29歳で徐々に視力が低下する病気を発症し視覚障害者となったが、発症以前から打ち込んだクラ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援
  2. 企業の「英国離れ」加速 EU離脱控え、リセッション陥る可能性
  3. 米子東の選手がベンチ入りせず
  4. 英国 EU離脱 続く混乱 欧州統合に懐疑の歴史
  5. 英国 2度目の国民投票求め、数十万人デモ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです