メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

補助犬啓発イベント

一声掛けてね 700人が見学 大阪 /兵庫

冷蔵庫のドアを開けて飲み物を取り出し、スタッフに届けようとする介助犬の訓練犬「アーム」=大阪市北区の阪急百貨店梅田本店で、高尾具成撮影

 身体障害者補助犬(盲導犬、介助犬、聴導犬)の啓発イベント「補助犬ってなぁに?」が1日、大阪市北区の阪急百貨店梅田本店で開かれた。3日からの「障害者週間」を前に厚生労働省が主催。買い物客ら約700人が補助犬の仕事ぶりを間近で見学した。

 厚労省社会・援護局障害保健福祉部の松橋次郎主査が手話を交えあいさつ。NPO法人「日本補助犬情報センター」(横浜市)が進行を担当、補助犬の役割を紹介するデモンストレーションや使用者によるトークもあった。

 デモでは、「関西盲導犬協会」(京都府亀岡市)から盲導犬のPR犬「バーネン」(ラブラドルレトリバー)…

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文592文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「偉業だ」「安穏としていられない」 各国メディア、日本の勝利絶賛 ラグビーW杯

  2. 台風19号で堤防決壊の千曲川 リンゴ畑は壊滅状態

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです