メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

共生型サービス事業所

障害や介護、共生の場に 浜田に開所 月1~2回、誰でも参加の交流サロンも /島根

開設された「お天気いいね」を案内する植田由香理さん=島根県浜田市熱田町で、竹内之浩撮影

 障害児・者と高齢者が一緒にデイサービスを受けられる事業所が先月、浜田市熱田町にオープンした。今年度から厚生労働省が創設した「共生型サービス」の事業所で、運営する同市のNPO法人「あったかいいねっと」の植田由香理代表理事(52)は「誰もが安心して楽しく暮らせる地域共生社会の拠点にしたい」と話している。【竹内之浩】

 共生型サービスは、障害者福祉と介護保険の制度の縦割りを超えた柔軟な支援を目的に新設。指定を受けると…

この記事は有料記事です。

残り477文字(全文684文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  2. 「年金を受け取っているか」の質問に麻生氏「正確な記憶がない」 衆院財務金融委
  3. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
  4. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に
  5. 「30年間で2000万円」かけ算は間違い 厚労省が金融庁WGを“単純”と批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです