メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

G20

首脳宣言へ調整 米は保護主義姿勢崩さず

 【ブエノスアイレス中井正裕、光田宗義】主要20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)は1日午後(日本時間2日未明)、2日間の討議を終えて閉幕する。会議では米中貿易戦争が世界経済に与えるリスクについて各国から懸念の声が相次いだが、米国は保護主義的な姿勢を崩していない模様。閉幕に合わせて発表する予定の首脳宣言で反保護主義の姿勢を示せるか、ぎりぎりの調整が続いている。

 会議では、各国首脳が貿易戦争への懸念を示した。安倍晋三首相は初日の全体討議で「貿易を巡る緊張の高ま…

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文492文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  4. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです