メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

火災などの際、住民らが消防、防災にあたる消防団の起源は…

 火災などの際、住民らが消防、防災にあたる消防団の起源は江戸時代の町火消しとされる。江戸に町人による火消し組合が置かれたのはちょうど300年前の1718(享保(きょうほう)3)年だった。明治時代の消防組などを経て、いまの消防団に受け継がれた▲その消防団に、外国人の力を借りる動きがある。北海道函館市は先月、災害時などに外国人との通訳にあたる消防団を設け、半数にあたる4人を同市に住む中国、韓国人から採用した▲函館では昨年観光バス事故があり、多くの中国人観光客が病院に搬送された。その際、医師らとの意思疎通に苦労した教訓を踏まえたという▲滋賀県草津市は外国人だけの消防団を3年前に発足させた。地震などの際、避難所などで外国人を支援するのが目的だ。団員8人のうち5人は女性で出身国は中韓、ベトナム、フィリピン、普段の仕事も会社員、主婦、学生と幅広い。同市は「助けられるだけでなく、助ける側の人材としても着目すべきだ」との考えから結成した▲外国人が消防団員として現場に出動し、消火などにあたることは法律で事実上禁じられている。活動範囲には制約があるが、草津市の団員は救命講習も受け、市内に住む他の外国人らへの啓発活動にも取り組んでいる▲自然災害が多発した今年は、災害に遭った海外からの観光客らへの情報提供も課題となった。言葉が通じ、地域に詳しい外国人によるサポートがあれば心強い。防災も、国際化と切り離せない300年の節目である。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
    2. 他人のカードで1億円引き出し 池袋署が窃盗容疑で女逮捕
    3. 東海大が大野さんとともに卒業式 熊本地震でのアパート倒壊で犠牲に
    4. 「麻生氏に八木山峠は越えさせない」 福岡知事選、気勢上げる自民造反組
    5. 沼田 現金4251万円持ち主名乗り続々 お宝騒動再び

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです