連載

時代の風

各界の文化人が、それぞれの視点で混迷する時代を読み解きます。

連載一覧

時代の風

入管法改正の愚策 人手確保は少子化対策で=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 いわゆる入管法(出入国管理及び難民認定法)改正案が、衆院でスピード可決された。ある国会議員(与党ではないが保守派)はこれに対し、「国のかたちを左右する重大法案にもかかわらず、中身があいまいな上に拙速な審議。人手不足を補う一時しのぎは必ず将来に禍根を残す」とコメントしている。与党議員の多くも内心、賛同なのではないか。

 だが「国のかたち」に立ち入らずとも、単純な数字を確認すれば、入管法改正は愚策だとわかる。外国人労働者の増加は、日本の人手不足解消の切り札になるどころか、解消の糸口にすらならないのだ。

この記事は有料記事です。

残り1505文字(全文1756文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集