メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

サミット開催から10年 対米、G20結束危機 保護主義、歯止め見通せず

 アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで開かれている主要20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)。各国は世界経済にとって大きなリスク要因となっている米中貿易戦争などに懸念を表明したが、トランプ米政権の保護主義的政策に歯止めをかけられるかは見通せない。多国間協調を目指して2008年に始まったG20サミットは10年を経て、大きな試練を迎えている。

 「08年に我々が危機感を持って集まった時のように振る舞ってほしい。G20の精神は違いを尊重し、共通…

この記事は有料記事です。

残り1702文字(全文1925文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  4. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです