メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

サミット開催から10年 対米、G20結束危機 保護主義、歯止め見通せず

 アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで開かれている主要20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)。各国は世界経済にとって大きなリスク要因となっている米中貿易戦争などに懸念を表明したが、トランプ米政権の保護主義的政策に歯止めをかけられるかは見通せない。多国間協調を目指して2008年に始まったG20サミットは10年を経て、大きな試練を迎えている。

 「08年に我々が危機感を持って集まった時のように振る舞ってほしい。G20の精神は違いを尊重し、共通…

この記事は有料記事です。

残り1702文字(全文1925文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  2. 住宅ローン減税、現行の10年から13年に 3年延長検討 消費増税対策で
  3. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声
  4. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  5. 逮捕前のゴーン前会長、西川社長の更迭計画 米紙報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです