メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

けいざい・因数分解

10万円 2017年の世帯当たり携帯電話通信料 値下げ議論が活発化

 総務省の「家計調査」によると、2017年の世帯当たりの携帯電話通信料(自動車電話を含む)は前年比4%増の10万250円で、初めて10万円の大台を突破した。割高感の強い携帯料金について菅義偉官房長官は今年8月、海外の料金と比較しつつ「4割程度引き下げる余地がある」と発言。これを受け、値下げに向けた議論が政府や通信業界で活発化している。

この記事は有料記事です。

残り1366文字(全文1534文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  2. ORICON NEWS 早見あかり、婚姻届を提出 お相手は30代前半の会社員の男性、7月に婚約会見
  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE
  4. 女性遺体を福島に遺棄容疑、27歳男逮捕 警視庁
  5. 元駐日仏大使「国際社会で日本が信頼失う事態に」 ゴーン前会長逮捕に強い不快感

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです