メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

けいざい・因数分解

10万円 2017年の世帯当たり携帯電話通信料 値下げ議論が活発化

 総務省の「家計調査」によると、2017年の世帯当たりの携帯電話通信料(自動車電話を含む)は前年比4%増の10万250円で、初めて10万円の大台を突破した。割高感の強い携帯料金について菅義偉官房長官は今年8月、海外の料金と比較しつつ「4割程度引き下げる余地がある」と発言。これを受け、値下げに向けた議論が政府や通信業界で活発化している。

この記事は有料記事です。

残り1366文字(全文1534文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  2. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  3. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  4. 「桜を見る会」廃棄されたはずの内閣府資料あった 2014~19年の招待者数も公表

  5. 論点 橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 桜を見る会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです