メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

ハウス 中国進出20年(その2止) 14億人、家庭の味に

上海のチェーン店「和番」でカレーライスを食べる中国人女性たち。カツカレーが人気だ=2018年11月9日

 

 ◆「中国にカレーを」終わりなき研究

香り決め手「百夢多(バイモンドゥオ)」

 「上海にいる日本人だけが食べて終わりかもしれない」。そんな不安を何度、抱いたことだろう。

 名門「花園飯店」など高級ホテルが建ち並ぶ上海の一等地に、ハウス食品が経営するおしゃれな店がオープンしたのは1997年11月。203平方メートル、62席。「上海カレーハウスレストラン」と名付けられたその店舗を任されたのは、96年に単身で上海に赴任した同社の羽子田礼秀(はねだゆきひで)さん(64)=現ハウス食品グループ本社顧問、農林水産省アドバイザー=だった。

 米を食べる中国人とカレーライスは相性がいいはずだ、と考えた当時のトップから「中国は人口も多く、やりようによっては大きなビジネスに育つ。3年間、店でテストしてほしい」と指示された。当面の赤字を覚悟した、手探りの中国進出だった。ハウスは中国市場について、次のような見通しを立てていた。世界でカレールー商品が買える人は月収5万~35万円の中間・高所得層だ。2020年にはアジア地域の中間・高所得層の約6割…

この記事は有料記事です。

残り4596文字(全文5060文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 大阪で過去最多23人死亡 新型コロナ 新たな感染者は357人

  3. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約内定から見えてきたこととは

  4. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです