メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

ハウス 中国進出20年(その2止) 14億人、家庭の味に

上海のチェーン店「和番」でカレーライスを食べる中国人女性たち。カツカレーが人気だ=2018年11月9日

 

 ◆「中国にカレーを」終わりなき研究

香り決め手「百夢多(バイモンドゥオ)」

 「上海にいる日本人だけが食べて終わりかもしれない」。そんな不安を何度、抱いたことだろう。

 名門「花園飯店」など高級ホテルが建ち並ぶ上海の一等地に、ハウス食品が経営するおしゃれな店がオープンしたのは1997年11月。203平方メートル、62席。「上海カレーハウスレストラン」と名付けられたその店舗を任されたのは、96年に単身で上海に赴任した同社の羽子田礼秀(はねだゆきひで)さん(64)=現ハウス食品グループ本社顧問、農林水産省アドバイザー=だった。

 米を食べる中国人とカレーライスは相性がいいはずだ、と考えた当時のトップから「中国は人口も多く、やり…

この記事は有料記事です。

残り4746文字(全文5060文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仕事の現場 声優 野沢雅子さん 業界の先駆者 地位改善運動も
  2. コトバ解説 「海老」と「蝦」の違い
  3. WEB CARTOP ここまで課税するか! 多すぎる自動車関連の税金種類とその用途とは
  4. 東山動植物園 逃亡のニシキヘビ、成長して戻る
  5. ORICON NEWS misonoの夫・Nosukeが闘病公表「精巣がんによる胚細胞腫瘍」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです