メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁・将棋スペシャル

囲碁 王めいえん九段、純碁で普及拡大 勝敗、分かりやすく

王銘琬九段

 <純碁指導対局>

 順番に交点に石を打ち、囲んだ相手の石は取ることができる--。囲碁は単純で奥深いゲームだが、未経験者にとって難しさの一つは、いつ対局が終わり、どちらが勝ったのか分かりづらいという点にある。

 その原因になっている「地が広い方が勝ち」というルールを、「盤上に石をたくさん打った方が勝ち」とした「純碁」を囲碁普及の起爆剤にしたいと、王銘〓九段(57)が活動している。

 王九段は「教えることにまったく興味がなかった」というが、「純碁を覚えた人は『碁が打てる』と、思った…

この記事は有料記事です。

残り1058文字(全文1297文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大迫のツイッター批判受け、陸連が規定変更を検討 日本選手権後
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 現場から逃げた男、熊本県内で身柄確保 鹿児島の中学生襲った容疑者か
  4. 世界の雑記帳 直立したマウンテンゴリラが飼育員の自撮りに納まる、コンゴで
  5. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです