メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『格差社会を生き抜く読書』=佐藤優、池上和子・著

 (ちくま新書・821円)

 元外務省主任分析官で作家の佐藤氏と、児童福祉に詳しい臨床心理士の池上氏。異色の2人が現代の貧困を語り合った対談本である。

 「鈴木宗男事件」に連座する形で東京地検特捜部に逮捕され社会的に「抹殺」されかけた佐藤氏は、街角で雑誌『ビッグ・イシュー』を販売するホームレスの人たちの姿を見かけると、買わずにはいられないという。「彼らと私のあいだには、ほんの少しの差しかない」…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文490文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  2. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  3. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  4. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演

  5. 平手打ちや蹴り 小学女子バレー監督が体罰か 日小連が再調査指示 大分

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです