メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

『格差社会を生き抜く読書』=佐藤優、池上和子・著

 (ちくま新書・821円)

 元外務省主任分析官で作家の佐藤氏と、児童福祉に詳しい臨床心理士の池上氏。異色の2人が現代の貧困を語り合った対談本である。

 「鈴木宗男事件」に連座する形で東京地検特捜部に逮捕され社会的に「抹殺」されかけた佐藤氏は、街角で雑誌『ビッグ・イシュー』を販売するホームレスの人たちの姿を見かけると、買わずにはいられないという。「彼らと私のあいだには、ほんの少しの差しかない」…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文490文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍氏の地元も「答弁、何だったのか」 「桜を見る会」補塡に疑問の声

  2. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  3. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  4. 事実と違う答弁を繰り返した安倍氏…「桜を見る会」前夜祭 立件可否焦点に

  5. 要請応じない/もう諦めるしか 大阪「時短」、反発や落胆 忘年会シーズン直撃 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです