メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

『三島由紀夫 ふたつの謎』=大澤真幸・著

 (集英社新書・1015円)

 ふたつの謎。三島由紀夫はなぜ、割腹自殺したのか。『豊饒(ほうじょう)の海』の結末はなぜ、書き換えられたのか。大澤探偵の綿密な推理が始まる。

 新書ながら重厚である。『仮面の告白』『金閣寺』『鏡子の家』「サド侯爵夫人」「文化防衛論」「太陽と鉄」「憂国」「英霊の声」など主要著作の深層を分析し『豊饒の海』四部作の秘密に迫る。浮上するのは海のテーマ/火・鉄のテーマ。愛の対象に手が届かな…

この記事は有料記事です。

残り307文字(全文511文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  2. 伊藤詩織さんへのデマやバッシング 荻上チキさんの70万件分析で見えた傾向

  3. 声優の水樹奈々さんが結婚 「奈々にちなんだ7月に」 お相手は音楽関係者

  4. 耳栓にもアマビエ? まさかの商標出願に批判続出「誰のものでもない」

  5. 京都・祇園の舞妓2人が新型コロナ感染 感染経路不明、濃厚接触者20人は陰性

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです