メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『日中外交の黒衣六十年 三木親書を託された日本人の回想録』=南村志郎・著、川村範行ほか編

 (ゆいぽおと・1512円)

 1950年代から60年以上北京と日本を往来し、日中関係を見つめ続けているのが横浜市在住の南村志郎さん(89)だ。西園寺公望(きんもち)・元首相の孫の公一(きんかず)氏の秘書として周恩来首相らとの深い親交があった。これまでに日中交渉のパイプ役を務めたこともある。2人の元記者のインタビューに答える形で交渉の舞台裏や自らの歩み、日中関係への思いをまとめたのが本書だ。

 父親は満鉄社員で大連生まれの南村さんは、北京で終戦を迎えた。東京外大で中国語を学び、記者を経て商社…

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文509文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 吉本興業 宮迫博之さんとの契約解消
  2. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. 太陽の塔、20日から光のイベント 8月25日まで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです