メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

中島岳志・評 『小泉信三 --天皇の師として、自由主義者として』=小川原正道・著

 (中公新書・842円)

「道徳的資質」の重要性説く

 平成の世が終わろうとしている。来年は今上天皇が退位し、皇太子が即位する。今上天皇が行動で示した象徴天皇のあり方が問われる。

 この時、重要になるのは、若き日に影響を受けた教育係の存在である。皇太子時代、教育の全権を委任されたのは小泉信三。マルクス主義批判の経済学者として活躍し、慶應義塾塾長として知られた人物だ。本書は、小泉の人生を辿(たど)る。

 小泉の父・信吉は、慶應義塾総長(のちに塾長)をつとめた人物で、福沢諭吉から信頼された。父が数えで4…

この記事は有料記事です。

残り1235文字(全文1483文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 台風19号 福島・いわき市で6人の死亡確認

  5. 即位の儀の恩赦60万人規模に 対象限定「復権」のみ実施

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです