メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー

J1 川崎2-1磐田 磐田、逆転負け プレーオフに

【川崎-磐田】逆転負けを喫して厳しい表情でピッチを後にする磐田の選手たち=等々力競技場で2018年12月1日、宮武祐希撮影

 (最終節・1日)

 ▽等々力 観衆24062

川崎 2 0-0 1 磐田

     2-1

78分・大久保(磐)

83分・奈良(川)

94分+・OG(川)

 <川崎2-1磐田>

 最後にドラマは起きた。磐田が試合終了間際に決勝点を奪われて逆転負け。横浜マ、湘南、鳥栖、名古屋を得失点差で下回り前節の13位から16位に順位を落とし、J2との入れ替え戦に回る憂き目にあった。名波監督は「残酷な結果を受け止めるので必死」と悔しさを押し殺すように言った。

 互いに好機を逃す展開となったが、後半33分に今夏に相手の川崎から移籍した大久保が頭で決めて先制。J…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文563文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  3. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  5. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです