メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

共生のために

外国人就労を考える できるか、差別なき受容 経済アナリスト・森永卓郎さん(61)

 外国人労働者が増えると労働力の供給が増えるので、すぐに賃金が下がる。今回の法案ではビルクリーニングや外食といった分野が含まれているので高齢者への影響が大きい。人件費が高いために行われてきた省力化投資も、人件費が安くなれば抑制され、日本の機械産業の国際競争力が落ちていくと思われる。

 人工知能の発展に伴って人間の仕事が失われるとの予測があり、外国人労働者を入れたにもかかわらず人手が余る時が来る。欧米では移民に対する反発が大きい。正しいかどうかは別…

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文560文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  2. ORICON NEWS 早見あかり、婚姻届を提出 お相手は30代前半の会社員の男性、7月に婚約会見
  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE
  4. 女性遺体を福島に遺棄容疑、27歳男逮捕 警視庁
  5. 元駐日仏大使「国際社会で日本が信頼失う事態に」 ゴーン前会長逮捕に強い不快感

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです