メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

共生のために

外国人就労を考える できるか、差別なき受容 経済アナリスト・森永卓郎さん(61)

 外国人労働者が増えると労働力の供給が増えるので、すぐに賃金が下がる。今回の法案ではビルクリーニングや外食といった分野が含まれているので高齢者への影響が大きい。人件費が高いために行われてきた省力化投資も、人件費が安くなれば抑制され、日本の機械産業の国際競争力が落ちていくと思われる。

 人工知能の発展に伴って人間の仕事が失われるとの予測があり、外国人労働者を入れたにもかかわらず人手が余る時が来る。欧米では移民に対する反発が大きい。正しいかどうかは別…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 米国で11年半ぶり、長短金利逆転 “景気後退の前兆”株価急落
  5. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです