メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 LGBTなどセクシュアルマイノリティーの当事者たちの言葉を紡いだドキュメンタリー映画「私はワタシ over the rainbow」が、間もなく公開になります。撮影、編集、試写、さらに追加撮影と再編集を何度も重ね、完成まで3年もかかりました。

 実は、撮り始める前には一抹の不安がありました。完成した頃には、この映画はもう必要とされないんじゃないか、と。

 というのも、私たちの願いは、東京都渋谷区からスタートした同性カップルのパートナーシップ条例が全国に…

この記事は有料記事です。

残り1619文字(全文1846文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. USJ入場料、10連休中「過去最高額」に 混雑緩和なるか?
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 内村航平が予選落ち 体操全日本選手権
  4. USJ年間パス、帰省費を補助…保育士不足に大阪市が奇策
  5. セクハラ 女子学生と13泊の准教授を停職処分 弘前大

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです