メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原帰一の映画愛

彼が愛したケーキ職人 思いを台詞に頼らず微かな表情で伝える

 ベルリンのカフェでケーキ職人を務めるトーマスが、出張でイスラエルからやってきたオーレンと出会う。ここのお菓子は最高のベルリン土産だとか息子にいい土産物はないだろうかなんて会話の後、そのお店まで案内してくれないかと、ちょっと踏み込んだ会話。この2人は恋人になり、オーレンがベルリンに出張するたびに逢い引きする仲になります。オーレンにはエルサレムでカフェを営む奥さんとまだ小さな息子がいますから、不倫の恋ですね。

 ところがある日、帰国したオーレンと連絡が取れなくなった。いくら電話してもつながらない。で、人に聞けば、交通事故で亡くなったという。トーマスはエルサレムに行って、オーレンの奥さんアナトの経営するカフェを訪れます。恋人を失ったのでその恋人の奥さんのところに行っちゃったんです。で、亡くなったオーレンとの関係を隠したまま、トーマスはカフェに雇ってもらう。最初はただのお手伝いですが、やがてトーマスが菓子作…

この記事は有料記事です。

残り1233文字(全文1638文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎、荏原病院院長「万全期し対応 ご安心ください」 帰国の4人受け入れ

  2. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  3. 新型肺炎、中国の感染者がSARS上回る5974人 世界で6000人超に

  4. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  5. 新型肺炎 ウイルス培養に成功、ワクチン早期開発の可能性も 豪研究所

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです