メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歴史

明治期に埼玉遷都論 幻の本庄首都

本庄宿の田村本陣の門は現在、市立歴史民俗資料館の前に移築されている=埼玉県本庄市中央で、松下英志撮影

 首都・東京の移転論は浮上しては消えることを繰り返しているが、明治初期に現在の埼玉県本庄市へ首都を移す「本庄遷都論」があった。明治政府の元老院(当時の立法機関)議長で、日本赤十字社の創立者が意見書にまとめたものだが、残念ながら正式に審議されることはなく、幻に終わった。江戸期に本庄は中山道で最大の宿場だったうえ、意見書でも立地条件の良さなどが列記されており、日本の顔や中心になれると期待されたことがうかがえる。【松下英志】

 本庄遷都論を唱えたのは、幕末の主役となった「薩長土肥」の肥前・佐賀藩士だった佐野常民(1822~1…

この記事は有料記事です。

残り1269文字(全文1530文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ツイッターに犬暴行映像 小型犬首つり、地面にたたきつけ 通報相次ぎ福岡県警捜査へ

  2. エレキテル連合の中野さんが結婚 松尾アトム前派出所さんと

  3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  4. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  5. 総額数億円?選手1人の不正だけで、なぜ高額配当連発 競艇八百長事件の仕組みを探る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです